PMP

PMP資格更新の 60PDU についてをまとめた

こんにちは、Taka です。

2019年の9月に PMP を取得してしばらく経ちました。

更新は 2022 年なので、まだ余裕はあるのですが、最近 担当しているプロジェクトが落ち着いているので、今のうちに更新についてまとめて、PDU 獲得にむけて動き出そうと思います。

資格更新について

PMP 資格は取得後も、教育と専門職へのギブバック活動で PDU を獲得して、3年ごとに更新する必要があります。CCR プログラムと言われ、主な目的は以下の通りです。

• 資格保有者の継続的な学習と職務能力開発を強化すること
• 資格認定を受けた実務者の妥当性を確保するために、職務能力開発分野の方向性を提示すること
• 個別学習の機会を奨励し評価すること
• 専門能力開発活動を実施し記録する仕組みを提供すること
• PMI 資格の世界的な認知と価値を維持すること

引用元:CCR ハンドブック

PDU とは?

Professional Development Units の略で、教育・専門職へのギブバック活動分野での活動を表す単位です。活動に携わった1時間を 1 PDU としています。より細かいルールはハンドブックWays to Earn PDUs に記載されています。

また、端数計算も可能で、15 分なら 0.25 PDU として PMI 本部の CCR レコード・オフィス に申請します。

申請する場合は、監査で必要な書類もあるようです。例えば、オンラインコースの場合は、受講申込書や受講証明書、読書なら読書内容と日付が記載された学習記録などです。

CCRS とは?

CCR プロセスをガイドするオンラインツールを意味しています。資格の更新サイクルや現状の PDU 、イベントの検索、PDU の報告などができます。 CCRS Web サイト にログインすると以下のようなダッシュボードが見れます。(初期画面)

CCR の必要条件

更新には以下の必要条件があります。

  1. 教育分野 – 最低 35 PDU は必須。上限なし。
    テクニカル・スキル、リーダーシップ・スキル、ストラテジック&ビジネスマネジメント・スキルを高め、強化するための学習機会教育カテゴリでの獲得 PDU に上限はなく、この分野だけで 60 PDU 取得もできます。ただ、3つのスキル (※) で最低 8 PDU全体で 最低でも 35 PDU が必須条件です。※ テクニカル・プロジェクトマネジメント、リーダーシップ、ストラテジック & ビジネスマネジメント の3つ
  2. 専門職へのギブバック活動分野 – オプションであり、最大で25 PDU まで
    専門職に貢献し発展に寄与するための知識とスキルを共有し活用するための活動オプションの PDU になるので必須ではありません最大 25 PDUまで、専門業務における実績 (Work as a Practitioner) は 8 PDU が上限となっています。

60 PDU 以上集めたら?

60 PDU 以上集めたら、次のサイクルに持ち越し可能です。

たとえば3年で 80 PDU 集めたら、20 PDU は次の 3年サイクルに持ち越せます。これはうれしいですね。

ただし、専門職へのギブバック活動分野 で集められる PDU は最大 25 PDU となっており、実務者として仕事をする(Work as a Practitioner) については持ち越しできない のは注意が必要です。 PM 業務だけやっていたら、PDU がたまるわけではないということですね。

更新までの手順

大まかな流れは PMI Japan の公式ページに記載がありましたので、そのまま引用。

引用元:資格の更新について

更新にかかる費用

PMI 非会員だと 150 US ドル、PMI 会員だと 60 USドルです。PMI 会員は年更新なので、最初の1年だけ会員になってからその間に 60 PDU 集めてしまったほうがよさそうですね。

60 PDU 満たないとどうなる?

もし3年サイクル中に、60 PDU 満たない場合は、資格は翌年1年間サスペンドされます。この期間中は、PMPを名乗ることは禁止されていますが、その間に学習などで PDU を 60 以上にすれば、更新することができます。

このサスペンド期間が過ぎても 60 PDU を満たさなかった場合は、資格を喪失して、再受験が必要になります。できればこの状態にならないようにしたいですね。

さぁ 60 PDU を集めよう!

ハンドブックのおかげで、何をすべきかクリアになったので、さっそく学習を続けて、PDU 獲得を始めます。

主な戦略としては

教育分野 – 54 PDU

  • Read: 24 PDU
    テクニカル・プロジェクトマネジメント、リーダーシップ、ストラテジック & ビジネスマネジメント関連の読書を 合計で 24 PDU 行こうかな。監査向け
  • Online or Digital Media:30 PDU
    PMI の On-Demand Webinars を使って稼ごうと計画

専門職へのギブバック活動分野 – 18 PDU

  • Work as a Practitioner : 8 PDU
    これは実務経験でカバーできるので問題なし
  • Create Content:10 PDU
    読書内容や各プロセス群で利用するドキュメントについてブログを10 記事ほどまとめてみようかと思う。

これで、60 PDU 以上獲得する予定です。

さっそく、合格後に書いたブログ記事を2記事(PMP資格取得 PMBOK第6版(コスト)PMP資格取得 PMBOK第6版(コスト))を 1 PDU ずつで申請したら Approved されました。よかった!

あと、58 PDU です。3年間で 58 時間程度であれば何とかなりそうですね。

それでは、今回はここまで!